招待講演(国際会議)

  1. Masataka Goto: [Invited Talk] “Frontiers of Music Technologies Open to End Users” at 13th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2016), Chuo Denki Club, Osaka, Japan, November 10, 2016.
  2. Masataka Goto: [Invited Talk] “Developing Web Services for Web-Native Music” at AES International Conference on Semantic Audio, Erlangen, Germany , June 24, 2017.
  3. Satoru Fukayama and Masataka Goto: [Invited Talk] “Mining Creation Methods from Music Data for Automated Content Generation” at Machine Learning for Music Discovery Workshop, 34th International Conference on Machine Learning (ICML 2017), Sydney, Australia, August 11, 2017.
  4. Jun Kato: [Keynote Talk] “User Interfaces for Live Programming” at Workshop on Live Programming Systems (LIVE 2017), Vancouver, Canada, October 24, 2017.
  5. Masataka Goto: [Keynote Talk] “Intelligent Music Interfaces” at ACM International Conference on Intelligent User Interfaces (ACM IUI 2018), Tokyo, Japan, March 8, 2018.
  6. Masataka Goto: [Invited Talk] “Intelligent Music Interfaces” at CTSCAPE 2018 (The 2nd KAIST Graduate School of Culture Technology Congress), Daejeon, Kore, May 17, 2018.
  7. Masataka Goto: “Frontiers of Music Technologies” at ACMMM 2018 TPC Workshop of the ACM International Conference on Multimedia Retrieval (ACM ICMR 2018), Yokohama, Japan, June 14, 2018.

招待講演(国内会議)

  1. 後藤真孝: “音楽情報処理の最前線を紹介しつつ言語処理との接点を探る” at 言語処理学会 第23回年次大会 (NLP 2017), 筑波大学, 茨城, March 14, 2017.
  2. 斉藤 迅, 後藤 真孝, 北畠 遼, 青木 友裕: パネル”Unityで実現した音楽とフォントの化学反応 ~Lyric speakerコアメンバーが語る開発秘話~” at Unityカンファレンスイベント Unite Tokyo 2017, 東京, May 9, 2017.
  3. 後藤 真孝: 専門セミナー”音楽コンテンツの自動解析・自動生成技術が価値を生むには? ~音楽技術が切り拓く未来~” at 第一回AI・人工知能EXPO, 東京, June 30, 2017.
  4. 後藤 真孝: 特別講演”音楽情報処理: 基礎、応用、未来” at 日本ソフトウェア科学会 第34回大会, 東京, September 19, 2017.
  5. 山口 周悟, 斉藤 隼介, 長野 光希, Yajie Zhao, Weikai Chen, Kyle Olszewski, 森島 繁生, Hao Li: “High-Fidelity Facial Reflectance and Geometry Inference from an Unconstrained Image” at 第26回 Visual Computing (VC 2018), 山形テルサ, June 22, 2018.

口頭発表(国際会議)

  1. Wataru Akahori, Tatsunori Hirai, Shigeo Morishima: Dynamic Subtitle Placement Considering the Region of Interest and Speaker Location, 12th International Conference on Computer Vision Theory and Applications, Porto, Portugal, February 28, 2017.
  2. Masataka Goto: Music technologies for deeper understanding of music on the web, 20th Congress of the International Musicological Society (IMS 2017), Tokyo University, Tokyo, Japan, March 22, 2017.
  3. Jun Kato and Masataka Goto: User-Generated Variables: Streamlined Interaction Design for Feature Requests and Implementations, 2017 Programming Experience Workshop (PX 2017), Brussel, Belgium, April 3, 2017.
  4. Ryo Kakitsuka, Kosetsu Tsukuda, Satoru Fukayama, Naoya Iwamoto, Masataka Goto, Shigeo Morishima: Authoring System for Choreography Using Dance Motion Retrieval and Synthesis, 30th International Conference on Computer Animation and Social Agents (CASA 2017), Soul, Korea, May 23, 2017.
  5. Ayano Kaneda, Tsukasa Fukusato, Yoshihiro Fukuhara, Takayuki Nakatsuka, Shigeo Morishima: Fiber-dependent Approach for Fast Dynamic Character Animation, 30th International Conference on Computer Animation and Social Agents (CASA 2017), Soul, Korea, May 24, 2017.
  6. Kosetsu Tsukuda and Masataka Goto: Taste or Addiction?: Using Play Logs to Infer Song Selection Motivation, 21st Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD 2017), Jeju, South Korea, May 26, 2017.
  7. Jun Kato and Masataka Goto: f3.js: A Parametric Design Tool for Physical Computing Devices for Both Interaction Designers and End-users, ACM SIGCHI Conference on Designing Interactive Systems 2017 (DIS 2017), Edinburgh, UK, June 14, 2017.
  8. Shinjiro Niino, Satoshi Nakamura, Masaaki Suzuki, Takanori Komatsu: Analysis of Average Hand-drawings and Its Application, 9th International Conference on Intelligent Technologies for Interactive Entertainment (INTETAIN 2017), Funchal, Portugal, June 20, 2017.
  9. Shintaro Yamamoto, Pavel Savkin, Takuya Kato, Shoichi Furukawa, Shigeo Morishima: Facial Video Age Progression Considering Expression Change, Computer Graphics International (CGI 2017), Tokyo, Japan, June 28, 2017.
  10. Yuta Ojima, Tomoyasu Nakano, Satoru Fukayama, Jun Kato, Masataka Goto, Katsutoshi Itoyama, Kazuyoshi Yoshii: A Singing Instrument for Real-Time Vocal-Part Arrangement of Music Audio Signals, Sound and Music Computing Conference (SMC 2017), Espoo, Finland, July 8, 2017.
  11. Masahiro Hamasaki, Masataka Goto: QueryShare: Working Together to Facilitate Exploratory Multimedia Searches without Skill in Creating, 13th International Symposium on Open Collaboration (OpenSym 2017), Galway, Ireland, August 23, 2017.
  12. Antoine Liutkus, Kazuyoshi Yoshii: A Diagonal Plus Low-Rank Covariance Model For Computationally Efficient Source Separation, IEEE International Workshop on Machine Learning for Signal Processing (MLSP 2017), Tokyo, Japan, September 28, 2017.
  13. Pavel Savkin, Shunsuke Saito, Jarich Vansteenberge, Tsukasa Fukusato, Lochlainn Wilson, Shigeo Morishima: Outside-in Monocular IR Camera based HMD Pose Estimation via Geometric Optimization, 23rd ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST 2017), Gothenburg, Sweden, November 8, 2017.
  14. Kazuki Tajima and Satoshi Nakamura: WePatch: A System Enabling Users to Improve Bad User Interfaces on the Web, The 29th Australian Conference on Human-Computer Interaction (OzCHI 2017), Brisbane, Australia, November 29, 2017.
  15. Shoichi Furukawa, Tsukasa Fukusato, Shugo Yamaguchi, Shigeo Morishima: Voice Animator: Automatic Lip-Synching in Limited Animation by Audio, 14th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2017), London, UK, December 14, 2017.
  16. Naoya Iwamoto, Takuya Kato, Hubert P. H. Shum, Ryo Kakitsuka, Kenta Hara, Shigeo Morishima: DanceDJ: A 3D Dance Animation Authoring System for Live Performance, 14th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2017), London, UK, December 16, 2017.
  17. Shuhei Tsuchida, Satoru Fukayama, and Masataka Goto: An Automatic System for Editing Dance Videos Recorded by Multiple Cameras, 14TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCES IN COMPUTER ENTERTAINMENT TECHNOLOGY (ACE 2017), London, UK, December 16, 2017.
  18. Yoshiki Maki and Satoshi Nakamura: Do Manga Spoilers Spoil Manga?, The Sixth Asian Conference on Information Systems (ACIS 2017), Phnom Penh, Cambodia, December 14, 2017.
  19. Hiromu Yakura, Tomoyasu Nakano, and Masataka Goto: FocusMusicRecommender: A System for Recommending Music to Listen to While Working, 23rd ACM International Conference on Intelligent User Interfaces (ACM IUI 2018), Tokyo, Japan, March 8, 2018.
  20. Tian Cheng, Jordan Smith, and Masataka Goto: Music Structure Boundary Detection and Labelling by a Deconvolution of Path-Enhanced Self-Similarity Matrix, 43rd IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (IEEE ICASSP 2018), Calgary, Canada, April 19, 2018.
  21. Jordan Smith and Masataka Goto: Nonnegative Tensor Factorization for Source Separation of Loops in Audio, 43rd IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (IEEE ICASSP 2018), Calgary, Canada, April 19, 2018.
  22. Anna M. Kruspe and Masataka Goto: Retrieval of Song Lyrics from Sung Queries, 43rd IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (IEEE ICASSP 2018), Calgary, Canada, April 19, 2018.
  23. Yuki Koyama and Masataka Goto: OptiMo: Optimization-Guided Motion Editing for Keyframe Character Animation, ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems (ACM CHI 2018), Montreal, Canada, April 23, 2018.
  24. Yoshiki Maki, Yuji Shiratori, Kenta Sato, Satoshi Nakamura: A Consideration to Estimate Spoiling Pages in Comics, International Symposium on Affective Science and Engineering 2018 (ISASE-MAICS 2018), Eastern Washington University, EWU Spokane, WA U.S.A., June 1, 2018.
  25. Yugo Sato, Tsukasa Fukusato, Shigeo Morishima: Face Retrieval Framework Relying on User’s Visual Memory, ACM International Conference on Multimedia Retrieval (ICMR2018), Kanagawa, Japan, June 13, 2018.
  26. Hiromi Nakamura, Tomoyasu Nakano, Satoru Fukayama, and Masataka Goto: CTcomposer: A Music Composition Interface Considering Intra-Composer Consistency and Musical Typicality, 15th Sound and Music Computing Conference (SMC 2018), Limassol, Cyprus, July 6, 2018.
  27. Kazuyuki Hikawa, Kouhei Matsuda, Satoshi Nakamura: Deconaby Animations for Improving Understandability of Web Images, HCI International 2018, HCI (1) 2018, pp.269-282, Las Vegas, July 18, 2018.
  28. Hiroaki Yamaura, Masayuki Tamura, Satoshi Nakamura: Image Blurring Method for Enhancing Digital Content Viewing Experience, HCI International 2018, HCI (1) 2018, pp.355-370, Las Vegas, July 18, 2018.
  29. Hikaru Saito, Yoshiki Maki, Shunki Tsuchiya, Satoshi Nakamura: Can People Sense Their Personalities Only by Watching the Movements of Their Skeleton in Street Dancing Performances?, HCI International 2018, HCI (3) 2018, pp.344-354, Las Vegas, July 19, 2018.
  30. Hiromi Nakamura, Tomoyasu Nakano, Satoru Fukayama, and Masataka Goto: ChordScanner: Browsing Chord Progressions Based on Musical Typicality and Intra-Composer Consistency, 44th International Computer Music Conference (ICMC 2018), Daegu, Korea, August 9, 2018.
  31. Shugo Yamaguchi, Shunsuke Saito, Koki Nagano, Yajie Zhao, Weikai Chen, Shigeo Morishima, Hao Li,: High-Fidelity Facial Reflectance and Geometry Inference from an Unconstrained Image, ACM SIGGRAPH 2018 Technical Paper, Vancouver International Convention Center, August 16, 2018.
  32. Tian Cheng, Satoru Fukayama, and Masataka Goto: Convolving Gaussian Kernels for RNN-based Beat Tracking, 26th European Signal Processing Conference (EUSIPCO 2018), Rome, Italy, September 3, 2018.
  33. Mikako Sasaki, Junki Saito and Satoshi Nakamura: Improving visibility and reducing resistance of writers to fusion of handwritten and type characters, The 10th International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech 2018), pp. 185-199, Costa de Caparica, Portugal, September 5, 2018.
  34. Yuji Shiratori, Maki Yoshiki, Satoshi Nakamura and Takanori Komatsu: Detection of Football Spoilers on Twitter, The 10th International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech 2018), pp.129-141, Costa de Caparica, Portugal, September 5, 2018.
  35. Shunki Tsuchiya, Naoki Ono, Satoshi Nakamura and Takehiro Yamamoto: Can Social Comments Contribute to Estimate Impression of Music Video Clips?, The 10th International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech 2018), pp. 115-128, Costa de Caparica, Portugal, September 6, 2018.
  36. Tian Cheng, Satoru Fukayama, and Masataka Goto: Comparing RNN Parameters for Melodic Similarity, 19th International Society for Music Information Retrieval Conference (ISMIR 2018), Paris, France, September 23, 2018.
  37. Takumi Takahashi, Satoru Fukayama, and Masataka Goto: Instrudive: A Music Visualization System Based on Automatically Recognized Instrumentation, 19th International Society for Music Information Retrieval Conference (ISMIR 2018), Paris, France, September 23, 2018.
  38. Kosetsu Tsukuda, Satoru Fukayama, and Masataka Goto: Listener Anonymizer: Camouflaging Play Logs to Preserve User’s Demographic Anonymity, 19th International Society for Music Information Retrieval Conference (ISMIR 2018), Paris, France, September 26, 2018.
  39. Jun Kato and Masataka Goto: DeployGround: A Framework for Streamlined Programming from API Playgrounds to Application Deployment, 2018 IEEE Symposium on Visual Languages and Human-Centric Computing (IEEE VL/HCC 2018), Lisbon, Portugal, October 4, 2018.
  40. Yuki Koyama and Masataka Goto: Decomposing Images into Layers with Advanced Color Blending, 26th Pacific Conference on Computer Graphics and Applications (Pacific Graphics 2018), Hong Kong, China, October 11, 2018.
  41. Tomoya Yamaguchi, Tatsuya Yatagawa, Shigeo Morishima: Efficient Metropolis Path Sampling for Material Editing and Re-rendering, 26th Pacific Conference on Computer Graphics and Applications (Pacific Graphics 2018), Hong Kong, China, October 11, 2018.
  42. Jun Kato, Masa Ogata, Takahiro Inoue, and Masataka Goto: Songle Sync: A Large-Scale Web-based Platform for Controlling Various Devices in Synchronization with Music, 26th ACM International Conference on Multimedia (ACM Multimedia 2018), Seoul, Korea, October 25, 2018.

口頭発表(国内会議)

  1. 阿部和樹, 土屋駿貴, 大野直紀, 中村聡史, 山本岳洋: 音楽動画に対するソーシャルコメントと音響・映像特徴量を用いた印象推定手法の検討, グループウェアとネットワークサービスワークショップ(GNWS2016), 群馬県草津町, November 18, 2016.
  2. 久保田夏美, 新納真次郎, 中村聡史, 鈴木正明: Mojivator: 手書き文字の自動融合により書きたくなる練習支援システム, 24th Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2016), 滋賀県長浜市長浜ロイヤルホテル, December 14, 2016.
  3. 樋川一幸, 松田滉平, 中村聡史: Deconaby:ウェブ上の画像に対する解説アニメーション付与システム, 25th Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2016), 滋賀県長浜市長浜ロイヤルホテル, December 15, 2016.
  4. 板摺貴大, 山口周悟, 福里司, 森島繁生: ラリーシーンの自動抽出と解析に基づくバレーボール映像の要約手法の提案, 映像情報メディア学会 冬季大会, 東京, December 22, 2016.
  5. 板摺貴大, 福里司, 山口周悟, 森島繁生: コート情報に基づくバレーボール映像の鑑賞支援と戦術解析への応用の検討, 情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, 京都, January 20, 2017.
  6. 松井啓司, 中村聡史: 周辺視野への視覚刺激提示が時間評価に及ぼす影響, 情報処理学会 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(SIGHCI171), 大濱信泉記念館(沖縄・石垣島), January 23, 2017.
  7. 松田滉平, 中村聡史: PhoToDo:写真によるToDo管理システムの提案, 情報処理学会 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(SIGHCI171), 大濱信泉記念館(沖縄・石垣島), January 23, 2017.
  8. 前島紘希, 中村聡史: スマートフォン上のスクリーンキャプチャ画像探索手法の提案, 情報処理学会 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(SIGHCI171), 大濱信泉記念館(沖縄・石垣島), January 23, 2017.
  9. 高森啓史, 佐藤晴紀, 中塚貴之, 森島繁生: 原曲スコアの音楽特徴量に基づくピアノアレンジ, 情報処理学会 音楽情報科学研究会, 浜松, February 28, 2017.
  10. 神山拓史, 中村聡史: 街歩き時の視線ログ分析による迷子特徴に関する調査, 情報処理学会 ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), Vol. 2017-HCI-172, 八洲学園大学(神奈川県横浜市), March 6, 2017.
  11. 田島一樹, 中村聡史: ユーザの手によるWeb上のBADUI改善システム, 情報処理学会 ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), Vol. 2017-HCI-172, 八洲学園大学(神奈川県横浜市), March 7, 2017.
  12. 佃 洸摂, 石田 啓介, 濱崎 雅弘, 後藤 真孝: Songrium派生要因分析: N次創作活動のモデル化による派生要因鑑賞サービス, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017), 高山グリーンホテル, 岐阜, March 7, 2017.
  13. 白鳥裕士, 中村聡史, 小松孝徳: サッカーのネタバレが観戦者の態度に及ぼす影響, 情報処理学会研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC), 2017, vol. 2017-EC-43, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市), March 10, 2017.
  14. 土屋駿貴, 中村聡史: 調理行動からの個性抽出の可能性に関する検討, 情報処理学会研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC), 2017, vol. 2017-EC-43, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市), March 11, 2017.
  15. 大野直紀, 中村聡史: 特定文字列を用いた周辺視野における知覚的鋭敏化の特性解明, 情報処理学会研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC), 2017, vol. 2017-EC-43, 慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市), March 11, 2017.
  16. 新納真次郎, 斉藤 絢基, 久保田夏美, 中村聡史, 鈴木正明: フライン手書き文字数式化手法の提案と大規模平均文字の比較, 情報処理学会 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN), 玉川大学, March 10, 2017.
  17. 金田綾乃, 福里司, 中塚貴之, 福原吉博, 森島繁生: キャラクタの局所的な身体構造を考慮した二次動作自動生成, 情報処理学会 第166回コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究発表会, 東京, March 13, 2017.
  18. 山本晋太郎, サフキンパーベル, 加藤卓哉, 山口周悟, 森島繁生: 表情変化を考慮した経年変化顔動画合成, 情報処理学会 第166回コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究発表会, 東京, March 13, 2017.
  19. 佐藤樹, 森島繁生, 谷田川達也, 小澤禎裕, 持田恵佑: 物体の形状による堆積への影響を考慮した埃の描画手法の提案, 情報処理学会第79回全国大会, 名古屋大学, March 18, 2017.
  20. 金田綾乃, 福里司, 福原吉博: キャラクタの局所的な身体構造を考慮した二次動作自動生成, 情報処理学会 第79回全国大会, 名古屋大学, March 17, 2017.
  21. 高森啓史, 佐藤晴紀, 中塚貴之, 森島繁生: , “原曲の楽譜情報に基づいたピアノアレンジ譜面の生成, 情報処理学会 第79回全国大会, 名古屋大学, March 17, 2017.
  22. 板摺貴大, 福里司, 山口周悟, 森島繁生: コート情報に基づくバレーボール映像の鑑賞支援とラリー解析, 情報処理学会 第79回全国大会, 名古屋大学, March 17, 2017.
  23. 山本晋太郎, サフキンパーベル, 佐藤優伍, 加藤卓哉, 森島繁生: 笑顔動画データベースを用いた顔動画の経年変化, 情報処理学会 第79回全国大会, 名古屋大学, March 17, 2017.
  24. 津島啓晃, 吉井和佳,糸山克寿,中村栄太: ベイズ文脈自由文法に基づく和音系列の教師なし構文解析と自動生成, 情報処理学会 第79回全国大会, 名古屋大学, March 17, 2017.
  25. 和田雄介, 中村栄太,糸山克寿,吉井和佳: 市販音楽CDを用いたユーザ歌唱に伴奏音が自動追従するスマートカラオケシステム, 情報処理学会 第79回全国大会, 名古屋大学, March 17, 2017.
  26. 錦見亮, 中村栄太,糸山克寿,吉井和佳: スケールと音高の過渡的変化を考慮したHSMMに基づく歌声F0軌跡に対する音符推定, 情報処理学会 第79回全国大会, 名古屋大学, March 18, 2017.
  27. 尾島優太, 中野倫靖, 深山覚, 加藤淳, 後藤真孝, 糸山克寿, 吉井和佳: 既存歌唱曲のリアルタイム歌声アレンジシステム, 情報処理学会 第79回全国大会, 名古屋大学, March 18, 2017.
  28. 土屋駿貴, 中村聡史: レシピ伝達における個性共有のための調理行動分析, 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (HCS), 沖縄産業支援センター , May 16, 2017.
  29. 久保田夏美, 斉藤絢基, 中村聡史, 鈴木正明: Mojivator: 平均化手法を用いた手書き練習システムによる書写行動変化の観察, 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (HCS), 沖縄産業支援センター , May 16, 2017.
  30. 斉藤絢基,中村聡史,鈴木正明: コミック内の発話への読者手書き文字融合による共感度向上手法の提案, 第31回人工知能学会全国大会(JSAI 2017), ウインクあいち, May 25, 2017.
  31. 牧良樹,中村聡史: コミック読者のネタバレ遭遇タイミングによる興味度合い変化, 第31回人工知能学会全国大会(JSAI 2018), ウインクあいち, May 25, 2017.
  32. 板摺貴大, 福里司, 山口周悟, 森島繁生: コート情報に基づくバレーボール映像の鑑賞支援, Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2017, 一橋講堂, June 23, 2017.
  33. 山本晋太郎, サフキンパーベル, 加藤卓哉, 佐藤優伍, 古川翔一, 森島繁生: 表情変化データベースを用いた経年変化顔動画合成, Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2017, 一橋講堂, June 24, 2017.
  34. 成田史弥, 齋藤隼介, 福里司, 森島繁生: 可展面制約を考慮したテンプレートベース衣服モデリング, Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2017, 一橋講堂, June 24, 2017.
  35. 又吉 康綱,久保田 夏美,斉藤 絢基,大島 遼,鈴木 正明,中村 聡史: 自他との平均化により手書きをきれいにするシステムの提案, ARG 第10回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 (ARG WI2研究会), 京都大学, July 8, 2017.
  36. 佐々木美香子, 斉藤絢基, 久保田夏美, 新納真次郎, 中村聡史, 鈴木正明: フォントと手書きの融合文字に対する好感度調査, 情報処理学会 第174回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 (HCI), 京都・聖護院御殿荘, August 24, 2017.
  37. 田島 一樹 , 中村 聡史: WePatch:ユーザの手によるWeb上のBADUI改善システムの評価, 情報処理学会 第174回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 (HCI), 京都・聖護院御殿荘, August 24, 2017.
  38. 松田滉平, 中村聡史: ビジュアルイメージを用いた記憶トリガ管理システムの提案, 情報処理学会 第174回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 (HCI), 京都・聖護院御殿荘, August 24, 2017.
  39. 和田雄介, 坂東宜昭, 中村栄太, 糸山克寿, 吉井和佳: 楽曲中の歌声とユーザ歌唱のリアルタイムアラインメントに基づく伴奏追従型カラオケシステム, 情報処理学会 第116回音楽情報科学研究会, 函館市, August 24, 2017.
  40. 尾島優太, 中野倫靖, 深山覚, 加藤淳, 後藤真孝, 糸山克寿, 吉井和佳: 既存歌唱曲アレンジのための歌声キーボード, 情報処理学会 第116回音楽情報科学研究会, 函館市, August 24, 2017.
  41. 吉井和佳: モノラル音響信号に対する音源分離のための無限相関テンソル分解, 情報処理学会 第116回音楽情報科学研究会, 函館市, August 24, 2017.
  42. 深山 覚, 後藤 真孝: MachineDancing: ポーズの変化に関する大局的制約と音楽と動作の局所的制約を同時に考慮したダンス自動生成, 情報処理学会 第116回音楽情報科学研究会, 函館市, August 24, 2017.
  43. 津島啓晃, 中村栄太, 糸山克寿, 吉井和佳: 和音系列の統計的木構造解析とSplit-Mergeサンプリングに基づくメロディへの和声付け, 情報処理学会 第116回音楽情報科学研究会, 函館市, August 25, 2017.
  44. 錦見亮, 中村栄太, 後藤真孝, 糸山克寿, 吉井和佳: 調とリズムを考慮した階層隠れセミマルコフモデルに基づく歌声F0軌跡に対する音符推定, 情報処理学会 第116回音楽情報科学研究会, 函館市, August 25, 2017.
  45. 中村 裕美, 中野 倫靖, 深山 覚, 後藤 真孝: 作者内一貫性と音楽的典型性を考慮した作曲支援インタフェース, 情報処理学会 第116回音楽情報科学研究会, 函館市, August 25, 2017.
  46. 高森 啓史, 深山 覚, 後藤 真孝, 森島 繁生: 音楽音響信号から得られる音楽要素に基づく自動ピアノアレンジ, 情報処理学会 第116回音楽情報科学研究会, 函館市, August 25, 2017.
  47. 中野 倫靖, 加藤 淳, 後藤 真孝: TextTimeline: 文字表示を保持した発話テキストの音響特徴可視化, 情報処理学会 第116回音楽情報科学研究会, 函館市, August 26, 2017.
  48. 金田綾乃, 福里司, 福原吉博, 中塚貴之, 森島繁生: 局所的な異方性と硬さを考慮した高速なキャラクタの二次動作生成の提案, Computer Entertainment Developers Conference (CEDEC 2017), パシフィコ横浜, August 31, 2017.
  49. 岩本尚也,柿塚亮,朝比奈わかな,加藤卓哉,Hubert P. H. Shum,原健太,岡田成美,森島繁生: ダンスコンテンツ研究が拓くエンターテインメントイノベーション, Computer Entertainment Developers Conference (CEDEC 2017), パシフィコ横浜, August 31, 2017.
  50. 松田滉平, 松井啓司, 佐藤剣太, 久保田夏美, 佐々木美香子, 斎藤光, 中村聡史: ノイズキャンセリングミュージック, エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2017 (EC 2017), 東北大学電気通信研究所, September 16, 2017.
  51. 佃 洸摂, 石田 啓介, 後藤 真孝: Lyric Jumper:アーティストごとの歌詞トピックの傾向に基づく歌詞探索サービス, 第10回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2017), 東京, September 20, 2017.
  52. 高橋 拓, 福地 翼, 山浦 祐明, 松井 啓司, 中村 聡史: 周辺視野における妨害刺激の減衰が集中度に及ぼす影響, 情報処理学会 第175回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 (HCI), 淡路夢舞台国際会議場 , November 1, 2017.
  53. 上西 隆平, 阿部 和樹, 大野 直紀, 土屋 駿貴, 中村 聡史: 主観特徴と物理特徴の融合による音楽動画印象推定手法の検討, 情報処理学会 研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア (CVIM), 北海道大学, November 9, 2017.
  54. 田村 柾優紀, 新納 真次郎, 白鳥 裕士, 田島 一樹, 中村 聡史: Uniotto: グループ型音楽鑑賞手法の提案と実装, グループウェアトネットワークサービスワークショップ2017 (GN Workshop 2017) , かみのやま温泉 仙渓園 月岡ホテル, November 16, 2017.
  55. 岩本尚也,加藤卓也,柿塚亮,Hubert P.H. Shum,原健太,森島繁生: DanceDJ: ライブパフォーマンスを実現する実時間ダンス生成システム, 日本ソフトウェア科学会 第25回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2017), 八ヶ岳ロイヤルホテル, December 6, 2017.
  56. 粥川青汰,樋口啓太,中村優文,米谷竜,佐藤洋一,森島繁生: 一人称視点映像の高速閲覧に有効なキューの自動生成手法, 日本ソフトウェア科学会 第25回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2017), 八ヶ岳ロイヤルホテル, December 6, 2017.
  57. 土田 修平, 深山 覚, 後藤 真孝: 多視点ダンス映像のインタラクティブ編集システム, 日本ソフトウェア科学会 第25回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2017), 八ヶ岳ロイヤルホテル, December 6, 2017.
  58. 又吉 康綱,久保田 夏美,斉藤 絢基,大島 遼,中村 聡史,鈴木 正明: 平均手書きノート, 日本ソフトウェア科学会 第25回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2017), 八ヶ岳ロイヤルホテル, December 7, 2017.
  59. 夏目亮太, 谷田川達也, 森島繁生: パーツ分離型敵対的生成ネットワークによる髪型編集手法, 画像電子学会 Visual Computing Workshop 2017 (VCWS 2017), 登別温泉, December 10, 2017.
  60. 佐藤優伍,福里司,森島繁生 : 印象選択による対話型画像検索システムの提案, 画像電子学会 Visual Computing Workshop 2017 (VCWS 2017), 登別温泉, December 10, 2017.
  61. 廣中 詩織, 佃 洸摂, 濱崎 雅弘, 後藤 真孝: N次創作動画におけるクリエータのコラボレーションに関する分析, ARG 第11回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 (ARG WI2研究会), 東京都, December 15, 2017.
  62. 佐々木美香子, 斉藤絢基, 新納真次郎, 又吉康綱, 中村聡史, 鈴木正明: 手書きとフォントの融合による視認性向上と書き手の抵抗軽減に関する調査, 情報処理学会 第176回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 (HCI), 琉球大学, January 23, 2018.
  63. 佐藤 大輔, 新納 真次郎, 中村 聡史, 鈴木 正明: 利き手・非利き手の平均手書き文字における類似性の検証, 情報処理学会 第176回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 (HCI), 琉球大学, January 23, 2018.
  64. 松井 啓司, 中村 聡史, 鈴木 智絵, 山中 祥太: 周辺視野への視覚刺激提示がプログレスバー待機時間に与える影響, 情報処理学会 第176回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 (HCI), 琉球大学, January 23, 2018.
  65. 尾形 正泰, 井上 隆広, 加藤 淳, 後藤 真孝: Songle Sync:音楽に連動させて多様なデバイスを
 大規模に制御できるプラットフォーム, 情報処理学会 第118回音楽情報科学研究会, つくば市, February 20, 2018.
  66. 佃 洸摂, 石田 啓介, 後藤 真孝: Lyric Jumper:アーティストごとの歌詞トピックの傾向に基づき様々な歌詞に出会える歌詞探索サービス, 情報処理学会 インタラクション2018, 東京都, March 6, 2018.
  67. 津島啓晃, 糸山克寿, 吉井和佳: 木構造モデルに基づくコードとメロディの対話的生成システム, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学, March 13, 2018.
  68. 井上和樹、中塚貴之、柿塚亮,高森啓史,宮川翔貴,森島繁生: 音響特徴量を考慮したミュージックビデオの色調編集手法, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学, March 13, 2018.
  69. 上田舜,坂東宜昭, 糸山克寿, 吉井和佳: VAEを事前分布とするNMFを用いた音楽音響信号に対するドラム譜推定, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学, March 14, 2018.
  70. 柴田健太郎, 坂東宜昭, 尾島優太, 錦見亮, 糸山克寿, 吉井和佳: Factorial HSMMに基づく音楽音響信号に対するリード・リズムギター譜推定, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学, March 14, 2018.
  71. 和田雄介, 糸山克寿, 吉井和佳: WaveNetを用いた音符系列に対する歌唱F0軌跡の生成, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学, March 14, 2018.
  72. 村田叡, 坂東宜昭, 糸山克寿, 吉井和佳: VAEを用いたメロディとコードのモーフィング, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学, March 14, 2018.
  73. 山岸奏実, 加藤卓哉, 古川翔一, 山本晋太郎, 森島繁生: 複数色の重ね合わせによるユーザーの好みを反映した化粧色推薦, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学, March 14, 2018.
  74. 夏目亮太, 谷田川達也, 森島繁生: パーツ分離型敵対的生成ネットワークによる髪型編集手法, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学, March 15, 2018.
  75. 佐藤 剣太, 牧 良樹, 中村 聡史: 未読および既読シーンの提示が読者のコミック閲覧意欲に与える影響, 第47回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 (EC), 電気通信大学, March 16, 2018.
  76. 斉藤 絢基 , 中村 聡史: 動的なフォント融合による文字デザイン支援手法, 第47回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 (EC), 電気通信大学, March 16, 2018.
  77. 山浦 祐明, 中村 聡史: ポップアウトを利用した際のユーザの選択行動の変化の分析, 情報処理学会 第177回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 (HCI), 明治大学中野キャンパス, March 16, 2018.
  78. 阿部 和樹, 大野 直紀, 土屋 駿貴, 前島 紘希, 中村 聡史: プライミング効果を用いた音楽の印象変容に関する基礎調査, 情報処理学会 第177回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 (HCI), 明治大学中野キャンパス, March 16, 2018.
  79. 福地 翼, 中村 聡史: 文章作成時の視線分析に基づく読み返しを促す視線誘導手法の提案, 情報処理学会 第177回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 (HCI), 明治大学中野キャンパス, March 17, 2018.
  80. 水野颯, 田島一樹, 牧良樹, 中村聡史: 放送コンテンツに同期したツイートを用いたネタバレシーン推定手法の検討, 情報処理学会 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN), 津田塾大学, May 11, 2018.
  81. 高橋拓, 福地翼, 山浦祐明, 松井啓司, 中村聡史: タスク作業中の周辺視野への視覚刺激提示が集中に及ぼす影響の調査, 信学技報, vol. 118, no. 49, HCS2018-1, pp. 1-6, 沖縄産業支援センター , May 21, 2018.
  82. 大野直紀, 中村聡史: 周辺視野における知覚的鋭敏化による中心視野への影響の調査, 信学技報, vol. 118, no. 49, HCS2018-4, pp. 17-21, 沖縄産業支援センター , May 21, 2018.
  83. 久保田夏美, 田島一樹, 松田滉平, 中村聡史: リアルタイム感情記録による日記習慣化支援手法の検討, 信学技報, vol. 118, no. 49, HCS2018-26, pp. 165-170, 沖縄産業支援センター , May 22, 2018.
  84. 佐藤剣太, 牧良樹, 中村聡史: コミックの読書意欲を増進させる要素に関する分析, 第32回人工知能学会全国大会(JSAI2018),1K1-OS-2a-01, 鹿児島県鹿児島市 城山観光ホテル, June 5, 2018.
  85. 牧良樹, 白鳥裕士, 佐藤剣太, 中村聡史: コミックのネタバレページ推定に関する検討, 第32回人工知能学会全国大会(JSAI2018),2K1-05, 鹿児島県鹿児島市 城山観光ホテル, June 6, 2018.
  86. 斉藤絢基, 中村聡史: Fontender:コミック創作のためのフォント融合による文字デザイン手法, 第32回人工知能学会全国大会(JSAI2018),3Z2-05, 鹿児島県鹿児島市 城山観光ホテル, June 7, 2018.
  87. 斉藤絢基, 中村聡史: Fontender:コミック創作のためのフォント融合による文字デザイン手法, 第32回人工知能学会全国大会(JSAI2018),3Z2-05, 鹿児島県鹿児島市 城山観光ホテル, June 7, 2018.
  88. 佐々木 美香子, 斉藤 絢基, 中村 聡史: 手書きとフォントの融合による視認性向上と書き手の抵抗軽減に関する調査, 情報処理学会 第178回ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)研究会, 東京大学, June 14, 2018.
  89. 徳久 弘樹, 佐藤 剣太, 松田 滉平, 松井 啓司, 中村 聡史: ノイズキャンセリングミュージック:音楽の提示により騒音の不快度を低減する手法, 情報処理学会 第178回ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)研究会, 東京大学, June 15, 2018.
  90. 土屋駿貴,中村聡史,松下光範: 漫才検索アーカイブのための検索行動の調査, ARG 第12回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 大久野島, June 17, 2018.
  91. 白鳥裕士,牧良樹,阿部和樹,中村聡史: ネタバレ確信度を考慮した試合実況データセット構築と分析手法の検討, ARG 第12回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 大久野島, June 18, 2018.
  92. 谷田川達也, 藤堂英樹, 山口泰, 森島繁生: 基本材質の拡散プロファイル混合による実測BSSRDFデータの圧縮, 第26回 Visual Computing (VC 2018), 山形テルサ, June 21, 2018.
  93. 小山 裕己, 後藤 真孝: OptiMo: 最適化計算を活用したキーフレームキャラクタモーション編集システム, 第26回 Visual Computing (VC 2018), 山形テルサ, June 22, 2018.
  94. 山口 周悟, 斉藤 隼介, 長野 光希, Yajie Zhao, Weikai Chen, Kyle Olszewski, 森島 繁生, Hao Li: High-Fidelity Facial Reflectance and Geometry Inference from an Unconstrained Image, 第26回 Visual Computing (VC 2018), 山形テルサ, June 22, 2018.
  95. 夏目亮太, 谷田川達也, 森島繁生: 変分オートエンコーダを用いた領域特徴抽出による顔領域入れ替えを含む画像編集法, 第26回 Visual Computing (VC 2018), 山形テルサ, June 23, 2018.
  96. 田島 一樹, 中村 聡史: WePatch 2: Webフォームにおける入力ミスを利用した半自動BADUI改善システム, 情報処理学会 第179回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会(HCI), 京都・聖護院御殿荘, August 20, 2018.
  97. 細谷 美月, 山浦 祐明, 阿部 和樹, 中村 聡史: ポップアウトによるユーザの選択行動変容に関する分析, 情報処理学会 第179回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会(HCI), 京都・聖護院御殿荘, August 20, 2018.
  98. コンヴェール マクシム, 深山 覚, 中野 倫靖, 高道 慎之介, 猿渡 洋, 後藤 真孝: ニューラルネットワークによる自動和声付けのための和音表現方法の検討, 情報処理学会 第120回音楽情報科学研究会, 広島工業大学, August 21, 2018.
  99. 錦見 亮, 中村 栄太, 深山 覚, 後藤 真孝, 吉井 和佳: 注意機構を用いたエンコーダ・デコーダモデルに基づく歌声の音符推定, 情報処理学会 第120回音楽情報科学研究会, 広島工業大学, August 22, 2018.
  100. 高森 啓史, 中塚 貴之, 深山 覚, 後藤 真孝, 森島 繁生: 楽曲構造を考慮した音楽音響信号からの自動ピアノアレンジ, 情報処理学会 第120回音楽情報科学研究会, 広島工業大学, August 22, 2018.
  101. 和田雄介, 錦見亮, 中村栄太, 糸山克寿, 吉井和佳: WaveNetを用いた楽譜情報に基づく歌唱F0軌跡の生成, 情報処理学会 第120回音楽情報科学研究会, 広島工業大学, August 22, 2018.
  102. 津島啓晃, 中村栄太, 吉井和佳: コードとメロディの階層的生成モデルに基づくインタラクティブ作曲システム, 情報処理学会 第120回音楽情報科学研究会, 広島工業大学, August 22, 2018.
  103. 吉井和佳, 北村昂一, 坂東宜昭, 中村栄太, 河原達也: モノラル音響信号に対する音源分離のための独立低ランクテンソル分析, 情報処理学会 第120回音楽情報科学研究会, 広島工業大学, August 23, 2018.
  104. 中村栄太, Emmanouil Benetos, 吉井和佳, Simon Dixon: 多重音検出とリズム量子化の統合による多声音楽の自動採譜, 情報処理学会 第120回音楽情報科学研究会, 広島工業大学, August 23, 2018.
  105. 大野 直紀, 中村 聡史: 独立した音楽視聴時の会話円滑化手法の検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム2018, 筑波大学, September 5, 2018.
  106. 菅野 一平,新納 真次郎, 久保田 夏美, 中村 聡史, 鈴木 正明: 手書き文字練習における指・ペン間での書写技能向上性に関する調査, ヒューマンインタフェースシンポジウム2018, 筑波大学, September 7, 2018.
  107. 後藤 真孝, 伊藤 博之: 次世代メディアコンテンツ生態系技術の基盤構築と応用展開, 第3回 ACCELシンポジウム, 東京, September 21, 2018.
  108. 土田 修平, 深山 覚, 後藤 真孝: Query-by-Dancing: 身体動作の類似性に基づくダンス楽曲検索システム, 日本ソフトウェア科学会 第26回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2018) , 北杜市, September 26, 2018.

ポスター発表(国際会議)

  1. Natsumi Kubota, Shinjiro Niino, Satoshi Nakamura, Masaaki Macky Suzuki: A sustainable practice method of hand-drawing by merging user’s stroke and model’s stroke, The First International Workshop on coMics ANalysis, Processing and Understanding, Cancun, Mexico, December 4, 2016.
  2. Hirofumi Takamori, Haruki Sato, Takayuki Nakatsuka, Shigeo Morishima: Automatic Arranging Musical Score for Piano using Important Elements, 14th Sound and Music Computing Conference (SMC 2017), Espoo, Finland, July 6, 2017.
  3. Yusuke Wada, Yoshiaki Bando, Eita Nakamura, Katsutoshi Itoyama, Kazuyoshi Yoshii: An Adaptive Karaoke System that Plays Accompaniment Parts of Music Audio Signals Synchronously with Users’ Singing Voices, 14th Sound and Music Computing Conference (SMC 2017), Espoo, Finland, July 6, 2017.
  4. Jordan B. L. Smith, Masahiro Hamasaki, and Masataka Goto: Classifying Derivative Works With Search, Text, Audio and Video Features, IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME 2017), Hong Kong, July 13, 2017.
  5. Shunya Ariga, Masataka Goto, and Koji Yatani: Strummer: An Interactive Guitar Chord Practice System, IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME 2017), Hong Kong, July 13, 2017.
  6. Takahiro Itazuri, Tsukasa Fukusato, Shugo Yamaguchi, Shigeo Morishima: Court-based Volleyball Video Summarization Focusing on Rally Scene, Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR 2017) Workshop, 3rd IEEE International Workshop on Computer Vision in Sports (CVsports), Honolulu, USA, July 21, 2017.
  7. Takayuki Nakatsuka, Shigeo Morishima: Simulating the Friction Sounds using a Friction-based Adhesion Theory Model, 20th International Conference on Digital Audio Effects (DAFX 2017), Edinburgh, UK, September 6, 2017.
  8. Kazuyoshi Yoshii, Eita Nakamura, Katsutoshi Itoyama, Masataka Goto: Infinite Probabilistic Latent Component Analysis For Audio Source Separation, IEEE International Workshop on Machine Learning for Signal Processing (MLSP 2017), Tokyo, Japan, September 28, 2017.
  9. Masayasu Ogata and Masataka Goto: Keyboard Interface with Shape-Distortion Expression for Interactive Performance, 43rd International Computer Music Conference (ICMC 2017), Shanghai, China, October 16, 2017.
  10. Eita Nakamura, Kazuyoshi Yoshii, Haruhiro Katayose: Performance Error Detection and Post-Processing for Fast and Accurate Symbolic Music Alignment, 18th International Society for Music Information Retrieval Conference (ISMIR 2017), Suzhou, China, October 24, 2017.
  11. Ryo Nishikimi, Eita Nakamura, Masataka Goto, Katsutoshi Itoyama, Kazuyoshi Yoshii: Scale- and Rhythm-Aware Musical Note Estimation for Vocal F0 Trajectories Based on a Semi-Tatum-Synchronous Hierarchical Hidden Semi-Markov Model, 18th International Society for Music Information Retrieval Conference (ISMIR 2017), Suzhou, China, October 24, 2017.
  12. Shunya Ariga, Satoru Fukayama, and Masataka Goto: Song2Guitar: A Difficulty-Aware Arrangement System for Generating Guitar Solo Covers from Polyphonic Audio of Popular Music, 18th International Society for Music Information Retrieval Conference (ISMIR 2017), Suzhou, China , October 25, 2017.
  13. Kosetsu Tsukuda, Keisuke Ishida, and Masataka Goto: Lyric Jumper: A Lyrics-Based Music Exploratory Web Service by Modeling Lyrics Generative Process, 18th International Society for Music Information Retrieval Conference (ISMIR 2017) , Suzhou, China , October 25, 2017.
  14. Hiroaki Tsushima, Eita Nakamura, Katsutoshi Itoyama, Kazuyoshi Yoshii: Function- and Rhythm-Aware Melody Harmonization Based on Tree-Structured Parsing and Split-Merge Sampling of Chord Sequences, 18th International Society for Music Information Retrieval Conference (ISMIR 2017) , Suzhou, China, October 25, 2017.
  15. Jordan B. L. Smith and Masataka Goto: Multi-Part Pattern Analysis: Combining Structure Analysis and Source Separation to Discover Intra-Part Repeated Sequences, 18th International Society for Music Information Retrieval Conference (ISMIR 2017), Suzhou, China, October 26, 2017.
  16. Tomoyasu Nakano, Jun Kato, and Masataka Goto: TextTimeline: Visualizing Acoustic Features and Vocalized Timing along Display Text, 11th IEEE Pacific Visualization Symposium (IEEE PacificVis 2018), Kobe, Japan, April 12, 2018.
  17. Zhengshan Shi, Tomoyasu Nakano, and Masataka Goto: InstListener: An Expressive Parameter Estimation System Imitating Human Performances of Monophonic Musical Instruments, 43rd IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (IEEE ICASSP 2018), Calgary, Canada, April 19, 2018.
  18. Seita Kayukawa, Keita Higuchi, Ryo Yonetani, Masanori Nakamura, Yoichi Sato and Shigeo Morishima: Dynamic Object Scanning: Object-Based Elastic Timeline for Quickly Browsing First-Person Videos, ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems (ACM CHI 2018), Montreal, Canada, April 25, 2018.
  19. Yasutsuna Matayoshi, Satoshi Nakamura, Ryo Oshima: Mojirage: Average Handwritten Note, International Conference on Advanced Visual Interfaces 2018 (AVI 2018), Grosseto, Italy, May 31, 2018.
  20. Kento Watanabe, Yuichiroh Matsubayashi, Satoru Fukayama, Masataka Goto, Kentaro Inui, and Tomoyasu Nakano: A Melody-Conditioned Lyrics Language Model, 2018 Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies (NAACL HLT 2018), New Orleans, USA, June 2, 2018.
  21. Shoki Miyagawa, Yuki Koyama, Jun Kato, Masataka Goto, and Shigeo Morishima: Placing Music in Space: A Study on Music Appreciation with Spatial Mapping, 2018 ACM Conference Companion Publication on Designing Interactive Systems (DIS 2018 Companion), Hong Kong, China, June 11, 2018.
  22. Kanami Yamagishi, Shintaro Yamamoto, Takuya Kato, Shigeo Morishima: Cosmetic Features Extraction by a Single Image Makeup Decomposition, CVPR Women in Computer Vision Workshop, Calvin L. Rampton Salt Palace Convention Center, June 22, 2018.
  23. Shiori Hironaka, Kosetsu Tsukuda, Masahiro Hamasaki, and Masataka Goto: Collaboration in N-th Order Derivative Creation, Twelfth International AAAI Conference on Web and Social Media (AAAI ICWSM 2018), California, America, June 27, 2018.
  24. Kanami Yamagishi, Takuya Kato, Ayano Kaneda and Shigeo Morishima: How makeup experience changes how we see cosmetics?, ACM Symposium on Applied Perception (SAP 2018), Century Plaza Hotel Vancouver, August 10, 2018.
  25. Ryota Natsume, Kazuki Inoue, Yoshihiro Fukuhara, Shintaro Yamamoto, Shigeo Morishima, Hirokatsu Kataoka: Understanding Fake-Faces, Brain-Driven Computer Vision Workshop (BDCV 2018) in ECCV 2018, Technical University of Munich, September 8, 2018.
  26. Kanami Yamagishi, Takuya Kato, Ayano Kaneda and Shigeo Morishima: How Do Computers See Makeup?: Investigating the Effects of Makeup on 3D Facial Reconstruction, 5th Women in Computer Vision Workshop in ECCV 2018, Technical University of Munich, September 9, 2018.
  27. Ryota Natsume, Tatsuya Yatagawa, Shigeo Morishima: RSGAN: Face Swapping and Editing Via Region Separation in Latent Spaces, SIGGRAPH 2018, Vancouver Internatuonal Convention Center, August 12-16, 2018.

ポスター発表(国内会議)

  1. 新納真次郎, 萩原奈苗, 中村聡史, 鈴木正明, 小松孝徳: Average Painter:平均化による描画支援手法, 24th Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2016), 滋賀県長浜市長浜ロイヤルホテル, December 14, 2016.
  2. 田島一樹, 中村聡史: Web 上の BADUI をユーザの手で改善可能とするシステムの提案, 25th Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2016), 滋賀県長浜市長浜ロイヤルホテル, December 14, 2016.
  3. 福地翼, 又吉康綱, 松井啓司, 中村聡史: IllumiFrame: 錯視図形を用いた額縁型音楽動画体験拡張システム, 26th Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2016), 滋賀県長浜市長浜ロイヤルホテル, December 15, 2016.
  4. 山本晋太郎, サフキンパーベル, 加藤卓哉, 佐藤優伍, 森島繁生: 表情の対応付けに基づくデータドリブンな経年変化顔動画合成, 第23回画像センシングシンポジウム, パシフィコ横浜, June 8, 2017.
  5. 宮川翔貴, 福原吉博, 成田史弥, 小形憲弘, 森島繁生: 自己遮蔽下におけるリテクスチャリングのための階層型マーカの提案, Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2017, 一橋講堂, June 23, 2017.
  6. 金田綾乃, 福里司, 福原吉博, 中塚貴之, 森島繁生: 局所的な異方性と硬さを考慮した高速なキャラクタの二次動作生成の提案, Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2017, 一橋講堂, June 23, 2017.
  7. 山口周悟, 森島繁生: 密な画素対応による例示ベースのテクスチャ合成, Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2017, 一橋講堂, June 24, 2017.
  8. 宮川翔貴, 福原吉博, 成田史弥, 小形憲弘, 森島繁生: 階層型マーカを用いた自己遮蔽に頑健なリテクスチャリング, 20th Meeting on Image Recognition and Understanding (MIRU 2017), 広島国際会議場, August 10, 2017.
  9. Takahiro Itazuri, Tsukasa Fukusato, Shugo Yamaguchi, Shigeo Morishima: Court-based Video Summairzation and Retrieval Focusing on Rally Scene in Volleyball Video, 20th Meeting on Image Recognition and Understanding (MIRU 2017), 広島国際会議場, August 10, 2017.
  10. 吉井和佳: 音楽音響信号解析のためのガンマ過程に基づく無限相関テンソル分解, 電子情報通信学会 第20回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS 2017), 東京都文京区, November 9, 2017.
  11. 錦見亮, 中村栄太, 後藤真孝, 糸山克寿, 吉井和佳: 調とリズムを考慮した階層隠れセミマルコフモデルに基づく歌声の自動採譜, 電子情報通信学会 第20回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS 2017), 東京都文京区, November 10, 2017.
  12. 津島啓晃, 中村栄太, 糸山克寿, 吉井和佳: 和音系列に対するPCFGのベイズ学習とSplit-Mergeサンプリングを用いたメロディへの和声付け, 電子情報通信学会 第20回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS 2017), 東京都文京区, November 10, 2017.
  13. 佃 洸摂, 石田 啓介, 後藤 真孝: Lyric Jumper:アーティストごとの歌詞の傾向を考慮したトピックモデルに基づく歌詞探索サービス, 情報処理学会 第118回音楽情報科学研究会, つくば市, February 20, 2018.
  14. 濱崎 雅弘, 石田 啓介, 佃 洸摂, 深山 覚, 中野 倫靖, 後藤 真孝: Songrium: Web-native music の俯瞰的な鑑賞を支援する音楽視聴支援サービス, 情報処理学会 第118回音楽情報科学研究会, つくば市, February 20, 2018.
  15. 加藤 淳, 中野 倫靖, 後藤 真孝: TextAlive: 楽曲歌詞のKinetic Typography動画のための統合制作環境, 情報処理学会 第118回音楽情報科学研究会, つくば市, February 20, 2018.
  16. 亀田 裕也, 新納 真次郎, 中村 聡史: ひととロボットの協調による手書き文字美化手法, 情報処理学会 インタラクション2018, NII, March 5, 2018.
  17. 澤田 隼, 深山 覚, 後藤 真孝, 平田 圭二: 大域的構造を考慮したドラムパターンの差し替えシステム, 情報処理学会 第119回音楽情報科学研究会, 東京都, June 17, 2018.
  18. 山口 智也, 谷田川達也, 森島 繁生: 画素ごとの編集量を利用したメトロポリス光輸送法による効率的再生成法, 第26回 Visual Computing (VC 2018), 山形テルサ, June 21, 2018.
  19. 井上和樹, 山口周悟, 中塚貴之, 森島繁生: 深層学習を用いた任意画像に対するトーンカーブ推定, 第26回 Visual Computing (VC 2018), 山形テルサ, June 23, 2018.
  20. 夏目 亮太, 谷田川達也, 森島繁生: 変分オートエンコーダを用いた領域特徴抽出による顔領域入れ替えを含む画像編集法, 第21回 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU 2018), 札幌国際会議場, August 8, 2018.
  21. 山本 晋太郎, 福原吉博 , 鈴木 亮太 , 森島 繁生, 片岡 裕雄: 言語・視覚情報の統合による自動論文要約システム, NLP若手の会 (YANS) 第13回シンポジウム, 喜代美山荘 花樹海 高松市, August 29, 2018.
  22. 松田 暁, 加藤 淳, 尾形 正泰, 濱崎 雅弘, 後藤 真孝, 暦本 純一: 同期的共同作業における空間的指示を補助するカーソル拡張型コミュニケーション手法, 日本ソフトウェア科学会 第26回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2018), 北杜市, September 27, 2018.